Ledger Nano S(レジャーナノエス)

仮想通貨は再度盛り上がることは出来るのか?

download

さて、仮想通貨を取り巻く環境はここ最近ですごく変わってきた。
半年ほど前にBitcoinは200万を越し億り人になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ですが、現在の価格は120万まで下落し、下落が一番激しかった時期では80万まで下落していました。

こんな状態では仮想通貨は大丈夫なのか?
そして今後どうなっていくのかを自分なりの予測してみました。

まず、仮想通貨の世界に絶対なんてものは有りません。
仮想通貨は企業や国家等の中央となりうる存在がいないのです。
そうした状態から「影響力」を確立するものが少なくまた、得た「影響力」を維持することも難しいのです。

そうした非中央集権的な通貨がどこの国にも影響されずある意味良いのでは?と興味やマネーロンダリング目的などで使われて来たりしました。
また、利用としては仮想通貨を維持するために必要な「マイニング」や「ブロックチェーン」等も注目され、多くの企業や投資家が仮想通貨に興味を示しました。

だが、あまりにも注目されすぎた為国家が規制をしてしまったり、承認制にしたりと仮想通貨賛成派と反対派が出てくるようになりました。

良く「賛成派」と「反対派」を見てみると「反対派」には国家や社会的地位が高い人が多いです。
その理由としては、社会的地位が高い=影響力、中央的存在 国家=中央集権
その今までのメカニズムを狂わせてしまう「脅威」となってしまうからです。

逆に「反対派」には、一般市民や中小企業、個人経営者が多く誰にも影響されない環境通貨を希望しているものと見れます。

この関係から分かるように、実社会で影響力を持っている人間からすると仮想通貨は必要ないし脅威となってしまいます。

一般的に考えると「影響力」が高いほうの意見が通じてしまうかもしれませんが、その中の数によっては圧倒的に賛成派が多いので互いにバランスをとれている状態と見ています。

そして、今回の題は仮想通貨で再び盛り上がることは出来るのかということです。
半年ほど前は「影響力」を持った人間が仮想通貨なんて眼中に入れていない状態でしたが今現在では「規制」や「圧力」などで仮想通貨を流行らせないよう行動まで進めてきています。

ですが、その一方で「影響力」を持った人間から仮想通貨に「賛成」すると言う意見も出てきました。
代表的な企業として「SBI」です。
SBIHDでは、仮想通貨関係の取引所を独自で設立することを進めています。

こういった圧力と数の関係によって均衡が保たれている状態なのでどちらか一方が弱まればその方向に向かって行ってしまうと考えたほうが良いと思います。

仮想通貨で利益を得たい。
仮想通貨をやってみたい。
仮想通貨を知りたい。

そんな方の為に「仮想通貨のあれこれ」を不定期更新する「仮想通貨攻略メルマガ」購読者を募集しております。
仮想通貨での悩み、仮想通貨の投資方法、仮想通貨の見方をしっかり解説。
是非ご登録ください!!


金融・投資ランキング
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

koukoku
kasoutuuka2

if (window.addEventListener) {
window.addEventListener( ‘load’, formzuInitialSetting, false );
}
else if (window.attachEvent) {
window.attachEvent( ‘onload’, formzuInitialSetting );
}
else {
window.onload = formzuInitialSetting;
}
function formzuInitialSetting() {
formzuInitialLoad = true;
}


Source: 仮想通貨攻略日誌

Ledger Nano S(レジャーナノエス)