Ledger Nano S(レジャーナノエス)

モナコイン(MONA)の将来性・オススメの取引所・購入方法

ビットコインが注目を浴びるニュースを多く目にす中、日本人であれば購入をオススメしたいコインと言えるモナコイン(MONA)。今回はそんなポテンシャルの高さを感じずにはいられないモナコイン(MONA)の、今後の将来性やオススメの取引所、そして購入方法ついて紹介する。

モナコイン(MONA)の概要

2014年から取引されるようになったモナコイン(MONA)は、純国産の仮想通貨だ。

そんなモナコイン(MONA)は、日本生まれの仮想通貨にして、ビットコインをしのぐ性能を持っている。

MONAの概要は以下の通りである。

通貨名 MONA
公開日 2014年1月1日
発行総数 1億512万枚
暗号化方式 Lyra2REv2
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
公式サイト https://monacoin.org/

モナコイン(MONA)の特長

モナコイン(MONA)は仮想通貨のライトコイン(LTC)をベースにしてつくられたコインだ。そのため、開発がしっかりとされた仮想通貨となっており、ライトコインの上位互換とまで言われている。挙げられる優れている点をいくつか紹介しよう。

取引スピードが速い

モナコイン(MONA)の特徴は何と言っても取引スピードの速さだろう。

平均ブロック作成間隔は、約90秒であるといわれており、これはビットコインの約6倍以上の速さとなる。

とても高い頻度でブロックが作成されるモナコインは、ビットコイン以上の取引スピードの速さを感じ、ポテンシャルの高さを十分のぞかせるだろう。

そして、仮想通貨にはコインの発行上限量が設定されることが基本だ。

ビットコインが2100万枚に対して、モナコインの発行総数は1億512万枚という数字。

これは、モナコイン(MONA)の取引スピードの速さゆえに、ビットコインの約5倍もの発行総数となっているともいえる。

そのためビットコインと同じ需要があった場合、単純計算で1/5の価格で手に入れることができるという計算となる。

このことからも、モナコイン(MONA)は比較的手に入れやすいコインと言えるだろう。

投げモナが可能

モナコインには、「投げモナ」というユニークな楽しみ方ができるのをご存知だろうか?

「投げモナ」とは?と疑問を持つ方も多いと思うが、「投げモナ」とはいわゆる、投げ銭をイメージすると分かりやすい。

投げ銭は、ストリートの大道芸人やミュージシャンが行う良質なパフォーマンスに対して少額のお金を渡すことであるが、それと同じように、ネット上で見ることができる動画や画像などにモナコインで投げ銭ができるというものだ。

もちろん、投げモナの金額は基本的に自身で設定でき、まさに現代の背景に合った使用方法と言えるだろう。

しかし、このシステムは、投げモナに対応しているサイトに限られるので、どのサイトでもできるわけではないので注意が必要だ。

とはいえ、とてもユニークといえるこのシステムは、他のコインとの差別化を図る意味でも魅力を感じずにはいられないコインと言えるだろう。

モナコイン(MONA)の最新ニュース

モナコインは、2017年2月頃にはまだ3円ほどの価値しかなかった。

しかし、2017年の12月には2000円を突破する快挙を見せている。

その倍率は、数百倍であり、まさに、仮想通貨には夢があると、象徴させる値上がりだ。

現在は、コインチェックのネム流出問題などで価格が急落してしまった節はあるが、ここまでも紹介した通り、モナコインは強いポテンシャルを秘めているため、今後の成長性はまだまだ計り知れない。

モナコイン(MONA)の将来性

モナコイン(MONA)は、2018年2月でかなり底を打った感じはあるだろう。

そして、まだまだ伸びしろを感じる仮想通貨であることからも、価格は上向きになる可能性は十分にあるはずだ。

以前ビットフライヤーに上場した際に、価格を急上昇させてくれたのは記憶に新しいが、今後もモナコイン(MONA)が新たにどこかの取引所に上場するとなれば、さらなる価格上昇の可能性がある。

モナコイン(MONA)は、ホワイトリストに登録されているため、その可能性は十分にあるだろう。

モナコイン(MONA)の購入方法

ここでは、モナコイン(MONA)を扱うオススメの仮想通貨取引所について紹介しよう。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は、モナコインの取扱高が世界一取であり、選びやすい取引所と言えるだろう。

取引所形式のため、スプレッドと言われる実質手数料を支払う必要がなく、結果的に安くモナコインを手に入れることができる。


■Zaif(ザイフ)についての特長や登録方法はこちら
Zaif(ザイフ)の特長と口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーでも簡単にモナコインを手に入れることは可能だ。

しかし、ビットフライヤーでモナコインを手に入れるには、少々スプレッドが広いため、Zaifと比べて少々割高になってしまう事は否めない。

とはいえ、ビットフライヤーのアプリの使いやすさはもうお馴染みであり、簡単にモナコインを購入できるという点では◎だ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
■ビットフライヤーについての特長や登録方法はこちら
bitFlyerの特長と口座開設方法

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは、取引板を使ってモナコインの売買ができるため、スプレッドが小さく、安くモナコインを購入する事が可能だ。

取引板に慣れている人はこちらのビットバンクを選ぶのもいいだろう。

bitbank
■ビットバンクについての特長や登録方法はこちら
bitbankの特長と口座開設方法

モナコイン(MONA)の総評

モナコイン(MONA)は、日本生まれのポテンシャルが高い仮想通貨であることは知っていただけたはずだ。

取引スピードの速さやユニークな楽しみ方ができるモナコイン(MONA)は、まだまだ伸びていく可能性を十分に秘めているだろう。

まだ上場している取引所が少ない事からも、現時点でモナコイン(MONA)を所有しておき、今後の上場とともに値上がりを期待するのも一興だろう。

Source: 株師孔明の株&仮想通貨ブログ

Ledger Nano S(レジャーナノエス)