Ledger Nano S(レジャーナノエス)

仮想通貨を使った「疑わしい取引」、今年5月以降で急増=米マネロン対策機関FinCENトップ

仮想通貨が関連するマネーロンダリングや犯罪収益関連の「疑わしい取引」の報告件数が米国で増加している。今年5月以降、仮想通貨取引所などからの報告件数は1万1000件にのぼった。米規制当局の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)のケネス・ブランコ局長が、10日に公開されたスピーチの中で明らかにした。 ブランコ氏によれば、1万1000件のうち、約3分の2の7100件は仮想通貨取引所やP2P取引所、仮想通貨ATMに関係するものだという。

c2a0c3bba6cb12638614dd6aedc1861d_s

Source: 仮想通貨まとめNEWS

Ledger Nano S(レジャーナノエス)